白神山地の食

白神山地の食2_catch-700x200

白神山地には豊かな森林生態系があり、ブナの森は、杉林や雑木林よりも林床に育つ植物が豊富なため、麓の人に山菜等を供給する食料庫として、白神に生きる人々の暮らしを支えてきました。

白神の奥地を源流とする川からの清らかな水は、飲み水や農作物を育てる農業用水などとして利用されるほか、魚や山菜などを育みます。つまり、山菜や木の実、キノコ、あるいは動物や魚たちすべてが、白神が育んだ貴重な命をそのものです。

 

●山の恵み

わらび、ふき、みず、根曲がり竹、あいこ、しどけ、ぼんな、山わさび、こごみ、ぜんまい、うど、あざみ、にりんそう、あさつき、たらのめ、ぎょうじゃにんにく、まいたけ、なめこ、ぶなしめじ、ならたけ、わさび、クレソン、セリ

 

●川と海の恵み

鮎などの川魚、ハタハタやイカなど日本海の新鮮な魚介類